にいみ歯科ブログ

子供の矯正|遺伝する?治療は何歳から?

2020年5月14日 (木)

子供の矯正
 「小児矯正」というワードは、子育て経験のある方であれば、一度は耳にしたり、目にしたりしたことのあることばではないでしょうか?現代は、子どもの頃から、歯ならびに問題や不安を抱えるお子さんやご家族が増えていて、小児矯正も、注目されていると思います。また、歯科医院によって、小児矯正の治療法、期間及び費用が異なっており、子育て中のご家族にとっては、一つの悩みにも、繋がっているかもしれません。

 

歯ならびは遺伝?
 にいみ歯科医院でも、小児矯正は行っております。ただ、悪くなってしまった歯並びを治すということだけでなく、永久歯は生え始める前から、良い歯並びを作る環境づくりということにも、力を入れています。

 そもそも、歯ならびとは、どのように決まっていくのか、ご存知でしょうか?歯ならびは、遺伝の要素ももちろんあります。ご家族的に出っ歯の傾向があったり、下顎が出ている傾向があったりと、様々です。

 しかし、遺伝だけで全てが決まってしまうわけではありません。歯ならびを決める大きな要因として、習慣・習癖が存在します。人は、生まれてから、哺乳を行い、食べること、話すことを覚えてと、たくさんのことにお口を使います。その一つ一つの行為の習得中で、口周りに習癖がついてしまったり、習得すべき能力を抜け落としたりすることで、歯ならびへの悪影響が出てくる場合があります。これを、『口腔習癖』といい、これが続くことで、お口周りに筋肉の問題である『口腔筋機能障害』が生まれ、歯ならびの不正が起こります。

(口腔習癖の一例左から爪咬み、舌突出、指しゃぶり、タオル等を吸う)


口腔筋機能を考慮した矯正治療
 多くの子どもたちに、何らかの口腔筋機能障害を認めるケースが近年増加しているようですが、歯ならびの問題のみピックアップされ、矯正装置の力で、歯ならびのみを治して、習癖の改善がなされないケースも少ないはありません。
習癖が残ってしまうと、せっかく綺麗になった歯並びも、矯正終了後に後戻りし、元に戻ってしまうことも考えられます。
 にいみ歯科医院では、歯並びの不正の根本にある、口腔習癖の改善も行い、予後のいい矯正治療を目指します。そのため、装置による歯ならびの改善だけでなく、MFTというお口周りの筋肉の訓練にも力を入れています。

 図のようにお口周りにはたくさんの筋肉が存在し、MFTではそれらの筋肉がバランスよく調和して機能できることを目標にトレーニングを行います。
 具体的には、食べたり、飲んだり、話したり、というアクションの中に、問題点を見つけて、問題となっている、舌や口唇の動きをトレーニングによって改善するというものです。トレーニングは、MFTの講習を受けたスタッフが、それぞれの状態に合わせたメニューを作成して、お子さんのスピードや難易度に合わせて進めていきます。

(実際のMFTの様子)

トレーニングでは、写真のように、バランスボールを使用する場合がほとんどで、これは、お口の機能と姿勢には大きなつながりがあるからです。正しい姿勢を維持することを学ぶことは、お口を正しく使うことに不可欠なのです。

 口腔筋機能障害がある場合、ご家族から、以下のようなご意見をお聞きすることが多くあります。
・食べるのがすごく遅い、またはすごく早い
・食べこぼしが多い
・噛み切るのが苦手
・硬いものや繊維の強いものが嫌い
・話していて舌ったらずのような気がする
・特定の行の発音が聞きづらい
・口元を隠す癖がある など
矯正治療と同時にMFTを進めることで、口腔筋機能が改善し、上記のような癖もよくなってきたというご意見をお聞きすることが多いです。

 

当院での矯正治療
 当院では、実際にどのぐらいの年齢から、矯正治療やトレーニングを行なっていくかというと、早いお子さんで3〜4歳から、一般的なスタートは6歳ぐらいから開始しています。
 3〜4歳のから早期にスタートする場合は乳歯が全て生え揃った状態で、乳歯の歯並びに問題をきたすような口腔筋機能障害があり、例えば受け口や開咬などが認められるケースです。

このようなケースでは、早期に始められる取り外し式の装置と簡単なトレーニングを開始していきます。早期治療により、大掛かりな治療にならずに済むことがあります。また、重症化を食い止め、小さいうちに歯並びの問題が解決する場合も多いです。


(取り外し式の装置)


 

 

 また、6歳頃からのスタートの場合は、上下の4前歯が生え始めて、生え変わりのスペース不足や出っ歯の傾向があるなどの歯並びの問題がみられる場合に治療を開始していく場合が多く、この場合も、口腔筋機能障害を認める場合が多く、治療と並行して、トレーニングを行う場合が多いです。

 装置に関しては、取り外し式の装置や固定式の装置があり、いくつかの装置を組み合わせて使うこともあります。それぞれの状態に応じて、診断を行い、治療計画を立て、ご家族とご本人の意思を確認した上でスタートしていきます。生え変わりのスペース不足の問題や口腔筋機能障害の問題による歯並びの不正は小児期の治療が功を奏すケースも多いので、早期に問題に気付くことがとても重要です。

 

 また、にいみ歯科医院では、口腔習癖がつく前に、正しい口腔筋機能の習得を促すことを大切に考えています。そのために、離乳食指導や幼児から可能なお口を使ったエクササイズ指導などを行っております。ぜひ小さなうちから、当院を受診していただければと思います。

 子どもたちの歯ならびの問題に早期に気づき、さらに、きれいな歯ならびを続けていくことを、にいみ歯科医院では大切にしていきます。


カテゴリー: スタッフブログ,ブログ

新型コロナウィルスへの対応について 2

2020年5月10日 (日)

にいみ歯科医院は患者様駐車場を25台分ご用意しております。
ご希望の方には駐車場からご来院をお知らせいただき、
お車内でお待ちくだされば順番が来ましたら
お電話にてお知らせいたします。
 
これまでも、院内は個室での治療になりますので、
他の患者様との接触を最少にしています。
また、常に換気(少し肌寒い時もありますのでご自身でカーディガン、
もしくは、ひざ掛けをご持参ください)をしており、
治療後、全ての器具の取り替えはもちろん、
チェアー、チェアー周りの拭き取り消毒、
室内に消毒液の噴霧など細心の感染予防対策をしています
(このため予約制限をさせていただいております)
 
しかしながら、緊急事態宣言を鑑み、不安に感じられる患者様の為に、
予約の延期を受け入れております。
現時点ですぐに延期しても問題がないメインテナンスのみ患者様は
お電話にて個別に対応させていただきます。
また、ご自宅でのホームケアを通常の5割増でお願いしております。
 
現在治療中の患者様は、途中で中断しては予後が悪くなる方もいらっしゃいますので、
延期するか否かはお電話にてご相談頂ければ幸いです。
 
三重県四日市 医療法人 にいみ歯科医院

カテゴリー: コロナウイルス関連,スタッフブログ,ブログ

新型コロナウィルスへの対応について

2020年5月4日 (月)

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大し、
緊急事態宣言が発令された中、患者様の皆様は不安な日々を
お過ごしのこと思います。
 
歯科医師・スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、
私たちは新型コロナウイルス感染症の感染拡大以前から、
ウイルス感染対策 (肝炎・エイズ等) を行っております。
現在のところ、我が国では、歯科治療を通じて
歯科医師や歯科衛生士から患者さんへ感染した事例の報告はありません。
歯の痛みを我慢すると、食事が摂れなくなり、
体力・免疫が落ちてしまいます。
糖尿病や人工透析中など持病がある方は、
歯周病の悪化が全身状況の悪化につながる可能性が高くなります。
口の中が不衛生だと、細菌性の肺炎リスクが上がり、
新型コロナウイルス性肺炎に罹患した際、
重症化しやすいことが知られています。
介護現場等での口腔環境の悪化は、特にリスクを高めます。
 
今は、誰もが新型コロナウイルス感染症にかかる可能性がある時だからこそ、
命を守るためにも、口腔ケアが大事です。
診療の継続・延期、メンテナンスの継続・延期など、
ご自身での判断をなさらずに、是非ご相談ください。
 
感染が広がっている今、より高度な感染防止対策を講じるため、
一時的に診療内容の制限、予約の制限や休診などを
行わざるを得ない状況もあります。
しかし、今後もにいみ歯科医院は、患者様に安全・安心な歯科医療体制を
提供するために頑張ってまいります。
 
三重県四日市 医療法人 にいみ歯科医院

カテゴリー: コロナウイルス関連,スタッフブログ,ブログ

今日から始める口腔ケア その2

2020年4月7日 (火)

『舌のケアで感染症予防』


前回に続き口腔ケアですが今回は舌に関してです。

 

空気が乾燥する冬から春にかけてウイルスが蔓延しやすくなります。
風邪やインフルエンザの他に
現在の新型コロナウイルスも感染症になります。
予防のためには、うがいと手洗いをしっかり行うことの他に
口腔ケアもしっかりと行うことも大切です。

口の中の細菌が増えると、虫歯が増えやすい状態になりますが
それだけでなくウイルスも侵入しやすい状態になり、

感染もしやすくなります。

 

この時に特に注意したいのが舌の汚れの状態です。
舌に舌苔が厚く付いているとそこにウイルスが付着しやすくなり、
体内へも侵入しやすくなります。

そのために舌のクリーニングもしっかりと行いましょう。

舌のケアは毎食後や頻繁に行うのではなく1日1回で大丈夫ですが
行うタイミングとしては朝起きてすぐ、朝の歯みがきの時に

行うのがおすすめです。


睡眠中は口の中で細菌が繁殖しやすくなり、

舌苔があると細菌の格好の生息場所となってしまいます。
朝起きてすぐの舌は、1日のうちで一番汚れているので、
このタイミングで行うと効果的です。

舌のクリーニングを加えた口腔ケアをいつも以上に念入りに行って、
ウイルスによる感染症をしっかり予防しましょう。

 

三重県四日市 医療法人 にいみ歯科医院


カテゴリー: スタッフブログ,ブログ

今日から始める口腔ケア その1 

2020年3月13日 (金)

『口腔ケアで感染症予防』
冬は、インフルエンザやノロウイルスによる感染性胃腸炎などに加え、
現在では新型コロナウィルス感染症も合わせ
ウイルスや細菌による感染症が流行する季節となっています。
冬に感染が増えるのは、空気が乾燥することで、
ウイルスの水分も蒸発して空気中に漂いやすくなるとともに、
乾燥を好むので、ウイルスの感染力そのものも強まります。
さらに、空気が乾燥していると、くしゃみやせきの飛沫が小さくなり、
飛沫に含まれるウイルスが遠くまで飛びやすくなることで、
感染が広がり、感染のスピードも速まります。
人ののどや鼻の中は粘液で適度に湿っていてウイルスなどの
侵入を防ぐ役割をしていますが、冬はのどや鼻の粘膜が乾燥して傷むため、
ウイルスなどが体内に侵入しやすくなるのです。
また、口の中の細菌が作り出す「プロテアーゼ」という酵素が粘膜を破壊することで、
さらにウイルスが侵入しやすくなることもわかっています。
歯垢や歯石、舌苔などがあってお口の中が汚れていると細菌が増殖して
プロテアーゼも増えるので、口腔ケアでお口の中を清潔にしておくことも、
感染症予防になります。
合わせて、手洗いとうがいも徹底して行いましょう。
三重県四日市 医療法人 にいみ歯科医院

カテゴリー: スタッフブログ,ブログ

四日市市北地域 お口の応援隊について その1

2020年3月1日 (日)

こんにちは

にいみ歯科医院です。

 

今回は四日市市で取り組まれている『お口の応援隊』についてお話ししましょう。

 

kioku-konyudokun-192x300

 

 

お口の応援隊 〜お口を健康に保って、若々しく〜 といった取り組みがあります。

「早めに気づいて!オーラルフレイル」

このオーラルフレイルとは、「お口に関するささいな衰え」のことですが

お口の機能低下、食べる機能の障害が心身の機能低下まで繋がってしまい

健康と大きく関わることを指しています。

例えばこんなことはありませんか?

 

◻︎食事中にむせる

 

◻︎食欲がない

 

◻︎硬いものが噛めない

 

◻︎滑舌が悪い

 

◻︎口臭がきになる

 

◻︎歯の数が少ない

 

などなど・・・

このようなお悩みのある方のために健康・元気はお口から!といった

改善に向けての取り組みを行なっているのです。

今回のシリーズではこの「お口の応援隊」についてじっくりとお話ししていきますので

みなさま、お楽しみください!

それでは回もお楽しみに。

ではまた。

 

 

三重県四日市 医療法人 にいみ歯科医院

 


カテゴリー: スタッフブログ,ブログ

患者様へ市民公開講座中止のお知らせ

2020年2月26日 (水)

令和2年3月8日(日)に予定しておりました、
四日市市歯科医療センター講演会(四日市市文化会館第2ホール)
講演内容:
 1、「自閉症の僕の心をはぐくんだもの」東田直樹 氏(小説家)
 2、「今、自閉症の子育てを振り返って」 東田美紀 氏
 3、「自閉スペクトラム症のお口に関わるお話し ~こころとこころを繋ぐ歯科治療~」
   加藤 篤 氏(愛知県医療療育総合センター中央病院歯科 歯科医師)
および、令和2年3月15日(日)に予定しておりました、
四日市歯科医師会市民公開講座(四日市市文化会館第1ホール)
 講演内容:
「脳の老化を止めたければ歯を守りなさい!」長谷川嘉哉氏(医療法人ブレイン理事長) は、
新型コロナウィルスの感染拡大を考慮して中止することとなりました。
参加のお申込みをいただいた方々、参加を予定していただいていた方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。
次回の開催については未定です。
三重県四日市 医療法人 にいみ歯科医院

カテゴリー: スタッフブログ,ブログ

12日診療時間変更のお知らせ

2019年10月11日 (金)

こんばんは

にいみ歯科医院です。

 

明日、10月12日(土)は大型で非常に強い勢力を持った

台風19号による悪天候のため

診療時間を16時までとさせていただきます。

 

午後から大雨警報、暴風警報等が発表された場合には

患者様、スタッフの安全確保等の理由により

止むを得ず休診とさせていただく可能性がございます。

ご来院いただく際には必ずお電話で

診療のご確認をいただきますよう

よろしくお願いいたします。

 

患者様方には、ご迷惑をおかけしますが

何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

三重県四日市 医療法人 にいみ歯科医院

カテゴリー: スタッフブログ,ブログ

生活習慣病の予防・治療に役立つ口腔ケア その2

2019年9月10日 (火)

こんにちは

にいみ歯科医院です。

 

前回からはじまりました『生活習慣病と口腔ケア』

今回は世界ではどんな取り組みが行われているのか少し覗いてみましょう。

 

むし歯や歯周病などに代表されるお口の病気は世界で39億人とも伝えられ

先進国、開発途上国を問わず国際的な社会問題となっています。

そんなお口の病気は体の病気とも密接な関係があり

とりわけ生活習慣病に大きな影響を及ぼしていることが報告されています。

 

2011年の国連ハイレベル会議において、お口の病気は生活習慣病の一つと

位置付けられ生活習慣病に関する喫煙や不摂生、過度の飲酒など

リスクの要因をコントロールする必要性が示されました。

国際社会が協力して取り組むべきとする国際宣言が採択されて

WHO(世界保健機関)は2025年までに

 

1: 心臓病、ガン、糖尿病や慢性呼吸器疾患による若年死亡のリスクを25%減

2: アルコールの過剰摂取を最低10%減

3: 身体活動、運動不足を10%減

4: 塩分の平均摂取を30%減

5: 15歳以上の喫煙を30%減

6: 高血圧や血圧上昇を25%減

7: 糖尿病や肥満の増加を停止する

8: 心臓発作と脳卒中予防の薬剤療法とカウンセリングを受けられる割合を最低50%にする

9: 公的機関や病院において主要非感染性疾患治療のための非感染性疾患必須医療薬品と基本技術を80%利用可能にする

 

といった9つの内容について数値目標を掲げました。

このような取り組みから生活習慣の見直しを提唱しています。

お口の病気は子どもからお年寄りまで人々の生活の質を損ねるため

心と体の健康を踏まえた対策が不可欠となっています。

 

では国内での国民の健康を推進する対策として「健康21」が2000年に施行されて

生活習慣病の予防を目的として生活習慣を改善する取り組みが行われています。

具体的には

食生活・栄養身体活動・運動休養・心の健康づくり喫煙アルコールお口の健康糖尿病循環器病がんの9つの分野について

 

1: 健康寿命の延伸と健康格差の縮小

2: 生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底

3: 社会生活を営むために必要な機能の維持および向上

4: 健康を支え、守るための社会環境の整備

5: 栄養・食生活、身体活動・運動、休養、飲酒、喫煙および歯・口腔の健康に関する生活習慣および社会環境の改善

 

の目標が設定されました。

セルフケアの向上や専門家による支援と定期管理、普及啓発の

3つの柱に推進されています。

 

また体重増や肥満の増加など生活習慣病の誘発因子も大きな社会問題になっているため

佐藤の摂取量に関する議論が進んでいます。

WHOは成人1日あたりの糖類の摂取量を総カロリー量の

10%未満から5%未満が望ましいとする新しいガイドラインを発表しました。

これは砂糖に換算すると25g、ティースプーンで5〜6杯分であり厳格な値です。

これを遵守するためには生活習慣行動を見直すだけでなく

影響を及ぼすリスク要因を少なくする社会環境の整備も重要です。

イギリスなど欧米諸国では、砂糖を加えたソフトドリンクに

税金(砂糖税)を課す措置も検討されています。

 

このように国内に限らず、世界でも生活習慣病について様々な取り組みが行われています。

 

今回のお話はここまで。

次回もお楽しみに。

ではまた。

 

 

三重県四日市 医療法人 にいみ歯科医院


カテゴリー: スタッフブログ,ブログ

生活習慣病の予防・治療に役立つ口腔ケア その1

2019年9月3日 (火)

こんにちは

にいみ歯科医院です。

 

今回は生活習慣病と口腔ケアについて考えていきましょう。

 

21世紀になり、少子高齢化や疾病構造の変化が急速に進む中で

いつまでも健康に生きることは、わが国の願いとなっています。

そんな中、生活習慣病および、社会環境の改善を通じて

年齢、性別問わず、すべての国民がともに支え合いながら

希望や生きがいをどれくらい持ち、各年代のライフステージに応じて

健やかで心身とも豊かに生活できる元気な社会を実現していくことが

求められています。

 

三重県四日市_にいみ歯科医院_生活習慣病1

 

2013年からスタートした、国民の健康の増進の総合的な推進を

図ることを目指した『健康日本21(第二次)』。

これは2022年までの目標が示されていますが、その中で

基本的な方向として

 

1.健康寿命の延伸と健康格差の縮小

 

2.生活習慣病の発症予防と重症か予防の徹底

 

3.社会生活を営むために必要な機能の維持および、向上

 

4.健康を支え、そして守るための社会環境の整備

 

5.栄養・食生活、身体活動・運動、休養、飲酒、喫煙および歯・航空の健康に

関する生活習慣および社会環境の改善

 

の5項目が示されています。

歯・お口の健康はこれらの1〜4までの基本的な方向を実現するための

国民の健康増進を形成する基本要素のひとつとなっています。

特にガンや循環器疾患、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など

主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底が重要になってきます。

これらの予防には、小児期から一人ひとりがその生活習慣を見直し

そして改善していくことが非常に効果的です。

 

三重県四日市_にいみ歯科医院_生活習慣病2

 

そんな健康な生活を送るためにまず第一に食べることとコミュニケーションを

良好に保つことが重要であり、それは歯とお口の健康のための口腔ケアに

常日頃から気をつけることが大切となってきます。

そんな口腔ケアについて今回のシリーズでお話ししますので

次回もお楽しみに。

ではまた。

 

 

三重県四日市 医療法人 にいみ歯科医院


カテゴリー: スタッフブログ,ブログ

スタッフ全員笑顔で「おもてなし」安心して通える四日市の歯科医院を目指して

四日市の歯医者・にいみ歯科医院では、『歯科を通じて皆様のお口の健康をサポートする』という理念のもと日々診療を行っております。そして、四日市の当歯医者にいらっしゃる患者様が、歯医者の診療に対して「怖い」「不安」という気持ちをできるだけ抱かず、安心して診療を受けていただけるよう、スタッフ一同おもてなしの気持ちで診療をさせていただきます。

設備面でも、患者様にリラックスしていただけるよう、ゆったりとした待合室や診療室を設けております。さらに四日市にある当歯医者では、診療方針を患者様にもきちんと納得していただいてから患者様お一人おひとりに合わせた診療を行っていきたいと考えています。

ですので、四日市にお住まいの患者様が診療についてわからないこと・疑問に思うことを、お気軽にスタッフに聞くことができる雰囲気づくりということも大切にしています。四日市の歯医者・にいみ歯科医院にご来院された患者様が、いつまでも楽しく食事ができ、笑顔で健やかな人生を過ごしていただけることを願っています。

  • Contact お問い合わせ

  • お問い合わせご予約・お問い合わせはこちら 059-353-5580
  • 初診WEB問い合わせ・メール相談